いざ家を売るとなると

いざ家を売るとなると、意外に費用がかかることに驚くかもしれません。仲介業者などを使って売買したとすると、どんな物件でも仲介手数料が必要になります。

売却額の3%に6万円と消費税を足したものを不動産業者に対して支払います。それと司法書士へ支払う登記費用等一式、領収書や契約書に貼付する印紙代など何かとお金がかかります。
ですから何がいくらかかるか確認した上で、家の売値を決定するわけです。

円満で満足のいく取引ができるよう、家を売る時の第一歩として不動産会社の選択は重要です。プロでも営業的に弱いところ強いところの差はありますし、売却価格で1割以上も差がつくケースもあるからです。パソコンを使えば、ネットに不動産見積り専用のサイトがあり、一回の入力で複数社に査定依頼できるところもあり、地域密着型から全国的大手まで様々な業者が参加しているので、多くの会社に見積りを出してもらい、金額や対応などの様子を見ながら良さそうな業者を取捨選択し、仲介を依頼してください。
さいたま市南区でマンション査定