夜の帳に借金が消えていかないかな

世間では借金で問題をおこすとブラックとかブラックリストといわれますが、実際にブラックリストに入るとどうなるのかをみていきましょう。

ブラックリストに入ったかどうかの確認方法

ブラックリストというせりふをよく聞きますが、実際にはあんな目録はありません。

ブラックリストに入った概況というのは、信用情報cicに災厄があったという録画が残っていることをいいます。

金融機関は依頼があった時と、完結中に通りがけ与信として信用情報cicを定期的に確認しています。

また費消があった案件などは洗いざらいデータベースを更新し、費消流れを記録していきます。

ブラックリストはないんですね。

信用情報cicの事故情報のことだとわかりました。

日本には現時点3つの信用情報cic役所があり、個人でも信用情報cicの発表をすることができます。

端末や郵便、HOMEなど様々な方法で発表できます。

端末からの発表が最も手早く取得できます。

取得する場合は1000円程度の手間賃が必要です。

借金でブラックだったら債務でブラックな期間が一目でワカル!もチェック対象ですね。

事故情報と言っても様々なものがあります。

毎月の費消が遅れた場合には、月々の費消の欄にA目当てが記載されます。

端っこ入金した場合はP目当てです。

問題なく費消があった場合は$目当てがつき、月額$目当てが並んでいる状況が理想的な信用情報cicの概況といえます。

ひとまずついた目当てはカードを撤回したとしても2通年余ることになっていらっしゃる。

多少の後れであれば災厄として扱われませんが、3ヶ月位費消が遅れてしまったり任意整理、破綻などの借入金調整をした場合は「転勤」という言葉がが記載されます。

転勤があるといういわゆるブラックリストに入った状態です。

こういう言葉があるだけで新規のクレジットカードやローンの完結が非常に難しくなりますので、自分の信用情報cicに事故情報調査が欠けるかチェックすることは大切です。

信用情報cic役所に問い合わせれば取得することができるので定期的にチェックしてみておくと安心できますね。